健康・美容情報

美白ケアをする前にシミや美白の疑問を解決!

投稿日:

美白ケア

 

よく聞くけど、メラニンって?ハイドロキノンって?

シミや美白に関係することは、わかるけど説明できない方が多いのではないでしょうか?

 

tomo
美白ケアをする前にシミや美白コスメについての知識を知ることが大切です。

 

効果的にシミにアプローチし、美白する為にも基本的なことだけでも知っておきましょう。

 

 

メラニンって何?

 

メラニンって「シミの原因」というイメージが強いけど、実は私たちの体にとって欠かせない色素です。

生成された黒褐色のメラニンは、紫外線や刺激から細胞の核が傷つかないようにガードして守ってくれているんです。

 

メラニンが出る理由

 

代表的な理由は「紫外線」ですが、肌の中で炎症が起こるとメラニンが出るので、摩擦、花粉、大気汚染などの刺激や、老化、ストレス、女性ホルモンの乱れなども原因になって、過剰に出てしまいます。

 

シミが出来る理由

 

通常だと、体内のメラニンは役目が終わると分解されてターンオーバーによって排出されるのでシミにはなりません。

でも、肌の代謝が乱れて、分解・排出の力が弱まるとメラニンが蓄積して、シミをつくってしまいます。

肌の代謝の乱れが大きな原因です。

 

美白コスメに配合されている美白成分の役割

 

メラニンの発生原因を抑制

紫外線やストレスなどでメラニンを発生させてしまう活性酸素を除去してくれます。

初期のシミの原因を抑制してくれる効果が期待されています。

  • アスタキサンチン
  • ビタミンC誘導体(医薬部外品の美白有効成分)

 

角化の正常化

役目を終えたメラニンなどの細胞が肌表面に押し上げられてはがれるという角化のターンオーバーが乱れるとメラニンが溜まってシミの原因になります。

問題なく角化されるように働きかけて、排出を促してくれます。

  • 4MSK(医薬部外品の美白有効成分)

 

メラニンの還元&分解作用を促す

黒褐色のメラニンを薄くする還元作用が期待されているのがビタミンC誘導体とハイドロキノンです。

お肌のメラニン分解作用を助けてくれます。

  • ビタミンC誘導体(医薬部外品の美白有効成分)
  • ハイドロキノン

メラニンの表面化を防ぐ

メラノサイトで生成されたメラニンが表皮細胞にいくのを防ぎ、メラニンが過剰に表皮内に溜まって、表面化するのを防いでくれる。

  • ニコチン酸アミド(D-メラノ™)(医薬部外品の美白有効成分)

 

メラニンの発生を防止

メラノサイト内のメラニン生成の原因を防ぎます。
アミノ酸の一種、チロシンをメラニンに変化させる酵素の活性を防ぐなども期待される。

  • 4MSK(医薬部外品の美白有効成分)
  • プラセンタ(医薬部外品の美白有効成分)
  • ルシノール(医薬部外品の美白有効成分)
  • アルブチン(医薬部外品の美白有効成分)
  • コウジ酸(医薬部外品の美白有効成分)
  • ビタミンC誘導体(医薬部外品の美白有効成分)
  • TXC(医薬部外品の美白有効成分)
  • ハイドロキノン

 

メラニン生成の指示を防止

メラニンを生成しようとする司令を出すメラノサイトを活性化させる情報伝達物質のエンドセリンやプロスタグランジンなどをストップさせます。

  • TXC(医薬部外品の美白有効成分)
  • カモミラET(医薬部外品の美白有効成分)
  • トラネキサム酸(医薬部外品の美白有効成分)

これらの成分は美白コスメに美白成分として配合されています。

その効果を発揮させるには、正常なターンオーバーの肌状態が必要です。

 

そのためには保湿は不可欠で、血流をよくして代謝よくないといけません。さらに美白成分が浸透しやすいように、古い角質が溜まっていない事が大切です。

  • 肌の保湿(予防)
  • 代謝がいい(排出)
  • 古い角質をためない(浸透力)

 

シミができやすい場所

  • 紫外線が当たりやすい、平で高い場所。頬など
  • こすれたり摩擦が多い場所
  • 代謝が悪い部分

 

美白コスメの医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

医薬品

治療効果があるといわれるもの

医師による処方薬とドラッグストアなどで扱われているOTC医薬品があり、効果・効能が保証されています。

塗り薬は、ハイドロキシン。
内服薬は、L-システインやトラネキサム酸など。

 

医薬部外品

シミ予防が目的

厚生労働省がシミやそばかすを防ぐ効果があると認めた美白有効成分を規定の量以上含んでいることが条件となります。

処方や安全性など定められたデータを提出し承認されているもの。

 

化粧品

効果の保証はなし

厚生労働省の承認を受けていないもの。化粧品の中には「医薬部外品」や「薬用」と表記されていなくても美白有効成分や化粧品用に安定化されたハイドロキノンを含む化粧品もあります。

 

美白ケアはいつするといい?

 

朝:紫外線対策の美白ケア

日中は紫外線を浴びる機会が多いので朝はUVケアを優先します。

夜:集中美白

夜はお肌を修復しようとする働きがあるので美白ケアの効果がアップ

 

朝晩ケアするのが理想的

紫外線は年中ふりそそいでいるので、1年中美白ケアをするのが一番です。

夏は紫外線ダメージを防ぐためにもUVケアを徹底します。

 

自分に合う美白コスメの選び方

 

  • 自分の肌の傾向を知る
  • どういう肌になりたいか
  • 継続できるものを(価格&使用感)

 

美白ケアは数ヶ月継続して使用することで効果が見えてきます。
毎日使いたいと思える香りや使用感のものを選ぶのが大切です。そして、コスト的にも無理のないものを。

 

レーザーでとれるシミの種類

 

老人性色素斑

一般的なシミで境界線が明確なもの。
ヤグレーザーやルビーレーザー

点在しているシミ。
フォトフェイシャル→残ったシミをレーザーで。

 

脂漏性角化症

シミ部分の角質が長年の紫外線ダメージなどで必要以上に分厚くなって盛り上がっているもの。

CO2レーザーで削り取るのが一般的

 

肝斑

女性ホルモンの乱れや摩擦の炎症によってできる広範囲のシミ。

刺激を与えすぎないよう出力を調整できるトーニングがベスト。

シミをとった後でも、しっかりとUV&美白ケアをしないと再発します。

 

tomo
美白コスメを選ぶ時には、自分の肌をどうしたいのかを考え、それにぴったりなものを選ぶことが大切ですね。

 

-健康・美容情報

Copyright© 美の口コミ効果check , 2018 All Rights Reserved.